はじめに

東京や埼玉、三重や大阪など、全国各地に外壁塗装業者が存在しています。なぜ塗装業者が多く存在するのでしょうか。それは、外壁塗装は家を守るために必要なものだからです。外壁塗装を行うとどのようなメリットを得ることができるのか、塗装を行うならどの時期が良いのかなど、外壁塗装について考えてみたいと思います。

自宅の外壁塗装を行う~プロによる施工で綺麗な外観に~

塗装

塗装を行うまでの流れについて

業者に外壁塗装を依頼し工事が始まる際は、まず足場組みから始まります。全ての壁をしっかりと塗装できるように必要な足場です。1平方メートルで約600円という費用がかかります。それから外壁の汚れを高圧洗浄で落とし、塗料がついては行けない部分をビニールなどで覆います。それから下地の調査を行い、塗装を開始します。

塗装は三段階

外壁塗装を行う際は基本的に3度塗りを行います。まずは下塗りをし、次に中塗りを行ってから最後に上塗りを済ませて工事が完了します。悪徳業者の場合はこの中塗りや下塗りを省くような業者もあるため、工事を依頼する際は、安さだけでなく、工事の内容にも注目して業者を選ぶようにしましょう。

定期的に外壁塗装を行うメリット

家の外壁を補強し劣化を防ぐことができる

雨や風などに常にさらされているため、その分外壁には大きな負担がかかっています。その負担がかかり続けると、塗装が剥がれたり外壁自体にヒビが入ったりしてしまうため、定期的に塗装を行うことでそのような壁の劣化を防ぐことができるのです。

雨漏りを防ぐことができる

今は雨漏りしていなくても、外壁が傷んでくると雨水が壁から侵入してきてしまう恐れがあります。定期的な塗装は雨漏りを防ぐこともできます。手遅れになってしまう前にしっかりと塗装を繰り返すことが大切なのです。

家を長持ちさせることができる

きちんと定期的に塗装をして外壁の保護をすることにより、その分家は長持ちしてくれます。外壁の細かい劣化などはなかなか気づけない部分ですが、その小さな劣化を塗装で保護していくことで、家自体を守ることができるのです。

費用を抑えることができる

外壁がボロボロの状態になってから修復したり塗替えを行うとなるとかなり費用がかさんでしまいます。そうなってしまう前に定期的に外壁塗装を繰り返すことで修理費用を抑えることができます。

塗装に向いている季節BEST3

no.1

春(4~5月)

外壁塗装を行うのに1番向いている季節は、空気が乾燥している春です。春なら空気が乾燥しているだけでなく、それほ気温も低くなく雨も少ない時期になります。しかし、塗装に適している時期でもあることから予約をとるのが難しいので、塗装を依頼したい日の3ヶ月以上前からは外壁塗装業者に空き状況を確認しておくことをおすすめします。

no.2

秋(9月~10月)

この時期も空気が乾燥していて塗装を行いやすい時期ということでランクインしました。湿気が多いとプロの業者でも塗装に失敗してしまう可能性もあるので、外壁を長持ちさせるためにも塗装に適した時期を選ぶのが一番です。

no.3

夏(7~8月)

梅雨があけてあまり雨が降らなくなると再び空気が乾燥してくるということで第3位に選ばれました。しかし、外壁塗装を行う場合は窓をあけられない工程や、エアコンをつけることができない工程もあるので、気温の高い時期に塗装を依頼する場合はそういった工程があるのかどうか事前に業者の方に質問しておきましょう。

まとめ

プロの外壁塗装業者なら、どの時期でも塗装を行うことが可能です。しかし、蒲郡市のようなあまり雪の降らない地域の場合でも、もし降っていると塗装作業を行うことができないため、綺麗な施工を行ってもらうためにも塗装に適した時期に依頼することをおすすめします。自宅の壁の劣化が気になったら、早めに連絡することで塗装を行う日程も決めやすくなるでしょう。

広告募集中