外壁塗装は築何年で行うべき?外壁塗装の塗り替え時期とは

節電にも繋がる外壁塗装

冬場は寒い埼玉ですが、夏は気温も高くなりエアコンを使う家庭も増えてくるでしょう。このエアコンですが、外壁塗装を行うことで効きが良くなり電気代の節約に繋げることができます。このように、外壁塗装を行うことで得られるさまざまな利点や、外壁塗装の必要性を詳しくご説明していきます。

外壁塗装は築何年で行うべき?外壁塗装の塗り替え時期とは

塗料と作業者

自宅のメンテナンス

新築を建てたら、定期的にメンテナンスを行うことで家を長持ちさせることができます。特に大切なのは外壁塗装です。家全体を守っている外壁は、定期的に塗装を塗り直すことで外壁の劣化を防ぎ、家の外観や耐久性を維持することができます。

外壁塗装を行うサインを見逃さない!

家を建ててから10年毎に塗装を行うことで外壁を長持ちさせることができますが、なかなかその必要性を感じることができないという方もたくさんいるでしょう。しかし、劣化のサインを見逃すと雨漏りが発生してしまったりと家の内部まで被害が出てしまうという状況にもなりかねないので注意が必要です。

外壁塗装を行う必要のある状況

前回の塗装から10年経っていなくても、外壁の劣化が進行してしまっている場合もあります。まず、ひび割れや塗装の剥がれがあったら業者に塗り替えを依頼する必要があるでしょう。また、汚れが付着していたり、色あせてしまっている場合も、塗装を行うことで美しさを取り戻すことができます。

外壁の劣化がひどい状況とは

外壁の劣化が進むと、汚れや色あせよりも大きなトラブルがでてきてしまいます。カビや藻が発生してしまったり、最悪の場合は外壁が腐食してしまいます。そうなると見た目だけでなく外壁の機能性も衰えてしまいます。塗り替えのサインを見逃して放置してしまわないように時々外壁の様子をチェックしておきましょう。

広告募集中